toggle

ルーチェの自律神経失調症治療

自律神経を整えるはり治療

当院では、自律神経失調症や心の不調に対する治療を得意としております。
自律神経失調症とはどのようなものか、当院なりの見解を踏まえてご紹介いたします。

厚生労働省によると、自律神経失調症とは「ストレスなどが原因で自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れて出る様々な症状」と定義されています。

神経は「中枢神経」(脳・脊髄)と全身に張り巡らしている「末梢神経」に二分されます。
末梢神経は意思によって身体の各部を動かす「体性神経」と、意思とは関係なく身体の機能を調節する「自律神経」に分けられます。

さらに、自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分けられます。
交感神経は身体を活発に動かす時に働き、副交感神経は身体を休める時に働きます。
通常はこれらが互いにバランスを取りながら身体を調節していますが、このバランスが崩れてしまう場合があり、これを自律神経失調症と呼んでいます。

自律神経は身体の各部分のすみずみにまで分布しているので、失調がおこった時に影響を受ける器官も様々ならば現れる症状も様々で、必ずしも一定していません。

そして、そのように様々な症状はあっても病院で検査をしても特に異常が認められないことがほとんどで(不定愁訴)、原因としてストレスが最も考えられています。

自律神経失調症では、以下のような症状がよく見られます。

・慢性的な肩こり・腰痛がある
・疲れやすい
・耳鳴りがする
・めまいがある
・動悸がする
・息切れがする
・まぶしく感じる時がある
・目が疲れる
・頭痛がある
・手足が震えることがある
・足がだるい
・生理不順である
・手足が冷える
・急に体が熱くなったり冷えたりする
・冬でも汗をかく
・喉が詰まったような違和感がある
・食欲がない
・胃の調子が良くない
・吐き気がしたり、実際吐いてしまうことがある
・よく便秘をする
・よく下痢をする
・寝つきが悪い
・夜中に目が覚める
・夢をよく見る
・夏になると体がだるい
・気候の変化で体調が変わる
・季節の変わり目に体調を崩しやすい
・皮膚が敏感である
・特異体質と医師に言われたことがある

自律神経は体のすみずみの働きに関与しているので、このように症状も実にさまざまです。

当院では、カウンセリングを行った上で実際お身体の状態を診て症状が現れた原因を探り、東洋医学・西洋医学双方の観点から、根本的改善へアプローチする鍼灸治療を主に行っていきます(整体治療や頭蓋骨矯正・頭皮の鍼を組み込むこともございます)。

患者様からは、
「身体が軽くなってスムーズに仕事が出来た」
「気持ちに余裕が出て主婦業に前向きになれた」
「学校へ復学できた」
「薬に頼らなくなった」等、喜びのお声をたくさんいただいております。

また当院では、少しでも鍼灸治療を身近に感じていただけるよう、トライアル鍼灸も実施しております。
些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

なお、下記リンク先(院長・河北によるブログページ)にて自律神経失調症に関係するコラムを記載しております。
本態性自律神経失調症
心因性自律神経失調症
神経症型自律神経失調症
冷えとストレスの関係
過敏性腸症候群(IBS)
ストレッサーと自律神経
自律神経失調症と低体温
目の疲れと自律神経
PMS(月経前症候群)とPMDD(月経前不快気分障害)1
PMS(月経前症候群)とPMDD(月経前不快気分障害)2
口腔乾燥症(ドライマウス)
コラム・第二の脳「腸」
心身症
抑うつ症
神経症

 

関連記事