toggle
ルーチェのブログ

LUCEブログ「日焼けをブロック!」

患者さまに「先生はとてもお肌が綺麗ですが何をしているんですか?」と言っていただけることが多く、ありがたい限りです。私は顔に鍼を打つこと以外、特別なことはしていませんが(基礎化粧品もプチプラです)、必ず気を付けていることがあります。それは日焼け止めを塗ることです。春夏秋冬・晴れの日はもちろん、曇りでも雨でも必ず塗っています。紫外線の話題でもお話しましたが、紫外線は浴びすぎるとシミ・シワ・乾燥などの原因になってしまいます。
今回は日焼け止めの種類についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

SPFとPA
日焼け止めには「SPF」の横に数字や+の表記があります。

SPFとは、UV-Bの防止指数
SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略でB波(UV-B)の防止を表す数値です。SPFの数値が大きいほど効果が高くなります。
B波を浴びてから日焼けしてしまうまで(肌に影響があるまで)の時間がだいたい15分~20分と言われています。それをSPF15なら15倍遅らせることができる、SPF30なら30倍遅らせることができる、ということを示しています。
例えば、何もつけていなければ20分で日焼けしてしまうところを、SPF15をつければ、20分×15=300分となり、5時間日焼けを食い止めることが出来るということになります。

PAとは、UV-Aの防止指数
PAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略でA波(UV-A)の防止を表します。+には4段階あり、+が多いほど効果が高くなります。

PA+ 防御効果がある
PA++ 防御効果がかなりある
PA+++ 防御効果が非常にある
PA++++ 防御効果が極めて高い

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤とは
色々と日焼け止めを見ているとSPAや+の他に「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」と表示されているものがあります。
紫外線をさけるならば、SPFの数値が高くPAの+が多いものを選んだほうが効果が高いので良いように思いますね。けれども一概にそうとは言えません。
数値が高いものはそれだけお肌に負担がかかってしまうからです。
日焼け止めには紫外線を防御するために、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という成分がほぼ含まれています。

紫外線吸収剤
紫外線を吸収することで肌へ注がれる紫外線を減らし日焼けを防いでいます。
お肌の表面で化学反応を起こし熱エネルギーに変えてお肌の外に放出しているので、化学物質に敏感なお肌や乾燥肌などお肌が弱い人は肌荒れを起こすことがあるのです。
また成分に有機化合物が含まれているため、お肌に塗ったときに刺激を感じたりかぶれたりすることも稀にあります。

紫外線散乱剤
紫外線を跳ね返し散乱させることで皮膚へのダメージを防いでくれます。
有機化合物ではなく天然成分のものがほとんどなのでお肌への負担が少ないです。

SPF値が高くなればなるほど紫外線吸収剤の配合量が多くなるので、敏感肌へは紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤の日焼け止めを選ぶほうが安心です。
紫外線散乱剤で作られているものには「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」の表示があります。
使用する時間や場所などを考慮して選んでみてくださいね。

 

自律神経失調症・更年期障害・美容鍼灸
ルーチェ鍼灸院

広島市中区紙屋町1-4-3
エフケイビル403
082-545-9588
info@luce-acp.com
LINE ID @luce-acp

http://www.luce-acp.com/

LUCEブログ「紫外線の種類とその影響」

紫外線

紫外線の種類とその影響

中国地方が梅雨入りしましたが、晴れた日の陽射しは夏本番そのもの。
そうなると気になるのは紫外線。日傘を差す女性(男性もチラホラと…)もよく見られます。
今回は知っているようで知らない「紫外線の種類と影響」についてお伝えします。

 

紫外線とは

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と目に見えない赤外線・紫外線とがあります。紫外線はその中で最も波長の短い光のことをいいます。

 

紫外線の種類

紫外線はその波長の長さによって、A波(UV-A)・B波(UV-B)・C波(UV-C)の3種類に分けられます。
C波(UV-C)は基本的にはオゾン層に吸収されて地表まで届くことはありませんが、近年のオゾン層破壊によって危険性が懸念されています。
今回は私たちの生活に身近なA波(UV-A)とB波(UV-B)の2種類の紫外線について説明していきます。

 

A波(UV-A)
波長が長く、お肌の奥深く真皮まで届く老化光線

地表に届く全紫外線量のうちA波は95%以上を占め、B波の20倍もの量が地上に降り注いでいます。
急激な日焼けは引き起こしませんが、真皮に損傷を与えじわじわと時間をかけてお肌に悪影響を及ぼします。
蓄積されることでハリや弾力を低下させ、シミやしわなどお肌の老化を招きます。
雲や窓ガラスなども通り抜けるため、曇りの日や室内でもA波対策が必要です。さらには素材によっては衣服までも通り抜けてお肌の奥、真皮層にも浸透します。

 

B波(UV-B)
お肌を真っ赤にしたり、黒くしたりする日焼け光線

B波はエネルギーが強く、多く浴びることでお肌が真っ赤に焼けたり水膨れになるなどお肌の表面に炎症を起こします。
そのためお肌を守ろうとしてメラノサイトがメラニン色素を大量に生成し、シミ・そばかすができる原因となります。
お肌の表面の細胞を傷つけてしまうB波ですが、地上に到達する量はそれほど多くはありません。
B波は波長が短いのでA波に比べると地表に届く量はかなり少なく、全紫外線量の5%以下です。

 

以上、紫外線の種類と影響について説明をしていきました。
次の記事では日焼け止めの種類と選び方についてお伝えします。

 

自律神経失調症・更年期障害・美容鍼灸
ルーチェ鍼灸院

広島市中区紙屋町1-4-3
エフケイビル403
082-545-9588
info@luce-acp.com
LINE ID @luce-acp

http://www.luce-acp.com/

 

LUCEブログ「ご出産の報告をいただきました」

先日、患者さまよりご出産の報告をいただきました。

この患者さまは妊娠前からコツコツと当院へ通われており、妊娠中はマイナートラブル(悪阻・疲労感・腰痛・浮腫など妊娠中におこる不快症状)改善と安産に向けての治療を続けていました。

今回は第二子の妊娠・出産で、私は今回からサポートしているのですが、「第一子の時逆子で苦しんだのに今回は一度も逆子にならなかった」と大変喜んでおられました。

産後すぐにも関わらず、ご丁寧にメッセージをいただき本当にありがとうございました。

今回メッセージ内容を投稿する旨、快くご了承いただきましたので、当院の患者さまの生の声としてお伝えします。

linemesse

さて、
当院では多くの患者さまとLINE@にてやり取りをしています。
ご予約・お問い合わせから今回のような嬉しいご報告まで、皆さまから気軽にメッセージをいただいています。

1対1で繋がる鍼灸院として今後も続けていきますので、皆さまどうぞご利用ください。

LINE ID: @luce-acp

自律神経失調症・更年期障害・美容鍼灸
ルーチェ鍼灸院

広島市中区紙屋町1-4-3
エフケイビル403
082-545-9588
info@luce-acp.com
LINE ID @luce-acp

http://www.luce-acp.com/

LUCEブログ「ホルモンバランス診断」

日常生活のちょっとしたところに、女性ホルモンのバランスを乱し、不調の根源となる要素が潜んでいます。

毎日の食事・ダイエット・睡眠・冷え・ストレスについてあてはまる項目がないかチェックしてみましょう。

食事
□朝食はほとんど食べない
□食事時間はいつもまちまち
□インスタント食品をよく食べる
□ファストスードをよく食べる
□甘い物を食べすぎてしまいがち
□肉や魚をひかえ野菜ばかり食べている
□水分の摂取量が少ない
□タバコを吸う
□コーヒーや紅茶をよく飲む

ダイエット
□ダイエットで1か月に3キロ以上体重を落としたことがある
□食事制限によるダイエットをよくする
□やせてはリバウンドの繰り返し

冷え
□入浴はシャワーですませることが多い
□寒くてもおしゃれのために薄着をしている
□きつい下着などで体を日常的に締め付けている

睡眠
□睡眠時間が足りないと感じる
□寝る時間はいつも遅い
□起きる時間がいつもバラバラ

ストレス
□運動は全くしていない
□最近ゆっくり休んでいない
□趣味といえるものがない
□人間関係に悩んでいる
□やることが多くて時間に追われている

チェックが6個以下
規則正しい生活のキープを。
女性ホルモンを乱す要素はそれほど多くなく、まずは安全圏にいるようです。
しかし油断は禁物。結婚、転職、引っ越しなど環境が変わることでストレスが増え、それがきっかけでホルモンバランスが乱れてしまうことも。チェックがついた項目をもう一度見直し女性ホルモンとより上手に付き合う術を身につけましょう。

チェックが7~16個
油断しないで生活の安定を。
今はまだ大丈夫でも、この先が少し不安です。女性ホルモンの乱れはいろいろな不調を招きます。月経不順であったり月経量の増加、頭痛、肌のトラブルであったりと人それぞれ。まずはできることから少しずつ生活を見直していきましょう。

チェックが17個以上
今すぐ毎日の生活の見直しを。
日常生活が乱れがちなあなたは、女性ホルモンもかなり乱れやすい状態になっています。女性ホルモンが安定していない思春期や更年期の人はさらに危険度がアップするので要注意です。生活全体を見直して、デリケートな自分の心と身体をいたわってあげる努力をしましょう。
女性ホルモンについて詳しいことはコラムページをお読みください。

自律神経失調症・更年期障害・美容鍼灸
ルーチェ鍼灸院

広島市中区紙屋町1-4-3
エフケイビル403
082-545-9588
info@luce-acp.com
LINE ID @luce-acp

http://www.luce-acp.com/

LUCEブログ「メニューリニューアルのお知らせ」

menu2018_1
menu2018_2

このたび、メニューをリニューアルいたしました。
様々なお悩みにお答えできるよう細かく設定しております。

患者様からのご要望により誕生したスペシャルなコースもございます。
どうぞご利用くださいませ。

メニュー一覧ページ

 

自律神経失調症・更年期障害・美容鍼灸
ルーチェ鍼灸院

広島市中区紙屋町1-4-3
エフケイビル403
082-545-9588
info@luce-acp.com
LINE ID @luce-acp

http://www.luce-acp.com/

LUCEブログ「鍉鍼(ていしん)/ 刺さない鍼について」

ていしん

当院では刺さない鍼も行っております。
オリジナルメソッドによる当院だけの鍉鍼治療で、鍼がどうしても怖いという方におすすめです。

治療内容としては、通常の鍼灸治療と全く同じ診察をしツボの取り方も同じように取っていきます。
アプローチ法が刺す鍼か刺さない鍼かの違いのみということですね。

刺さない鍼で十分効果が出る方も多くいらっしゃいますし、むしろこちらの方が気楽に受けられて好きだという方も多いです。

対応している症状は、自律神経失調症全般(内臓機能低下・冷え・肩こり・めまい・頭痛・腰痛・生理不順・うつ状態等)、婦人科全般(不妊症・ホットフラッシュ・イライラ等)など様々です。

「東洋医学やツボに興味はあるけど鍼を刺すのはどうしても怖い」という方は是非鍉鍼治療を
お試しください。

 

鍉鍼(ていしん)治療・3,500円(約20〜30分)
※初回のみ初診料1,000円をいただきます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ルーチェ鍼灸院

広島市中区紙屋町1-4-3エフケイビル403
082-545-9588
http://www.luce-acp.com/
info@luce-acp.com
LINE ID @luce-acp

open 10:00〜19:00(木曜〜13:00)
close 日・祝
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1 2 3